コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大岡硯海

1件 の用語解説(大岡硯海の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大岡硯海

政治家。山口県生。医師大岡尚斎の長男。名は育造。初め長崎医学校に入学し、のち司法省法学校などに学ぶ。中央新聞社社長となり、衆議院議員(当選十二回)、のち立憲政友会の総務となる。第一次山本権兵衛内閣の文相、衆議院議長などを歴任。退官後は政友会の長老として政界に重きをなした。詩文・書を能くする。昭和3年(1928)歿、73才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大岡硯海の関連キーワード田総百山豊岡尚資野村素軒藤井華浦巌島虹石大岡育造山口県立大学大岡嘯川大岡忠喜能美隆庵

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone