コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大岳[温泉] おおたけ

1件 の用語解説(大岳[温泉]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おおたけ【大岳[温泉]】

大分県西部,玖珠(くす)川の上流にある温泉。単純泉,84℃。九州電力地熱発電所が開設されるまでは,小さい温泉旅館があり,近くの大岳地獄からは湯けむりがあがり,付近の水田では飯田(はんだ)高原一帯のための湯苗代がこの温泉水でつくられ,季節にはにぎわっていた。第2次世界大戦後まもなく,地熱発電所候補地となり,1967年九州で最初の地熱発電所(出力1万2500kW)が運転を開始した。地下の深層部から噴出する熱水を利用して発電機を動かすもので,また,熱水から出てくる蒸気で水を温め付近の民家に分湯し入浴などに利用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大岳[温泉]の関連キーワード玉川温泉筑後川飯田高原五色温泉定山渓日田手取湖童話の里くす長野小六三好成

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone