コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大峰沼 おおみねぬま

1件 の用語解説(大峰沼の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕大峰沼(おおみねぬま)


群馬県利根(とね)郡みなかみ町の南部、大峰山南東腹にある沼。周辺は高層湿原で、沼中に浮き島がある。面積0.01km2。標高約1000m。周囲約1km。モウセンゴケなどの湿生植物やニッコウキスゲ・レンゲツツジが自生。キャンプ場や青少年宿泊センターなどがあり、吾妻耶(あづま)山へのハイキングコースが通じる。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone