コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大峰沼 おおみねぬま

1件 の用語解説(大峰沼の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕大峰沼(おおみねぬま)


群馬県利根(とね)郡みなかみ町の南部、大峰山南東腹にある沼。周辺は高層湿原で、沼中に浮き島がある。面積0.01km2。標高約1000m。周囲約1km。モウセンゴケなどの湿生植物やニッコウキスゲ・レンゲツツジが自生。キャンプ場や青少年宿泊センターなどがあり、吾妻耶(あづま)山へのハイキングコースが通じる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大峰沼の関連キーワード法師温泉水上温泉平ヶ岳巻機山湯檜曽温泉たくみの里谷川岳の日水上町水紀行館

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone