大島 盈株(読み)オオシマ ミツモト

20世紀日本人名事典「大島 盈株」の解説

大島 盈株
オオシマ ミツモト

江戸時代末期〜大正期の建築家



生年
天保13年(1842年)

没年
大正14(1925)年2月13日

出身地
江戸

経歴
幕府の大棟梁甲良家を継ぎ、甲良建仁寺流第12代目となる。明治維新後、鉄道庁に入り、「汐留駅」「宇都宮駅」などの建築に携わった。のち農商務省嘱託。晩年弟子の指導と所蔵する建築絵図の整理に力を注いだ。他の建築に「芝増上寺昭徳院殿廟」「團琢磨邸」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android