大島 盈株(読み)オオシマ ミツモト

20世紀日本人名事典の解説

江戸時代末期〜大正期の建築家



生年
天保13年(1842年)

没年
大正14(1925)年2月13日

出身地
江戸

経歴
幕府の大棟梁甲良家を継ぎ、甲良建仁寺流第12代目となる。明治維新後、鉄道庁に入り、「汐留駅」「宇都宮駅」などの建築に携わった。のち農商務省嘱託。晩年弟子の指導と所蔵する建築絵図の整理に力を注いだ。他の建築に「芝増上寺昭徳院殿廟」「團琢磨邸」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android