コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大島 直治 オオシマ ナオハル

20世紀日本人名事典の解説

大島 直治
オオシマ ナオハル

大正・昭和期の倫理学者 北九州大学学長;九州大学名誉教授。



生年
明治12(1879)年5月2日

没年
昭和42(1967)年6月5日

出生地
鹿児島県

学歴〔年〕
東京帝大文科大学哲学科〔明治38年〕卒

経歴
第七高等学校教授を経て大正13年九州帝大教授。昭和14年に退官、名誉教授。21年小倉外事専門学校校長となり、25年同校の大学昇格で北九州外国語大学学長、同短期大学長を経て北九州大学学長に就任。北九州ユネスコ協力会役員も務めた。著書に「行為と自由意志」、訳書にラッド「倫理哲学」、ファイト「倫理学原論」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

大島 直治の関連キーワード大島直道

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android