コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大巓宗碩

1件 の用語解説(大巓宗碩の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大巓宗碩

江戸中期の臨済宗の僧。号は山庵。武州大徳寺派祥雲寺の山内、香林院東天嶽和尚によって出家。天真寺の実門誠和尚に師事、のち月船禅慧に参禅、その法を嗣ぐ。寛政10年(1798)寂、65才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大巓宗碩の関連キーワード昭海紹蘇正韵拙叟宗益大龍宗丈大順宗慎文室宗周活山玄旭笠嶺宗伍愚堂宗哲啓叔宗廸

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone