コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大川家具

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大川家具

室町後期に開祖とされる榎津久米之介が船大工の技術を生かして指し物を作ったのが始まりとされる。戦後の高度経済成長期に、機械化による量産化を進め、シンプルさと安さで家具産地として全国に確固たる地位を築いた。大川市と周辺自治体、筑後川を隔てる佐賀市で生産されている。タンス、テーブル、ソファなどを中心に高価格製品から普及品まで製造。住宅関連産業も含めたトータルインテリア産業へと発展している。

(2008-11-24 朝日新聞 朝刊 福岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大川家具の関連情報