大川 橋蔵(読み)オオカワ ハシゾウ

20世紀日本人名事典の解説

大川 橋蔵
オオカワ ハシゾウ

昭和期の俳優



生年
昭和4(1929)年4月9日

没年
昭和59(1984)年12月7日

出生地
東京・柳橋

本名
丹羽 富成(ニワ トミナリ)

経歴
4歳のとき歌舞伎座で初舞台を踏んだのを見た故・6代目尾上菊五郎に芸養子として引き取られる。2代目大川橋蔵を襲名したあと、若手女形として頭角を現わす。昭和30年東映に入社、時代劇の二枚目として中村錦之助(のち万屋錦之介)と並ぶ人気スターとなった。以後10年間で約110本の映画に出演し、最高の当たり役は「新吾十番勝負」の美剣士・葵新吾。その後映画の斜陽化でテレビ・舞台へ移った。41年5月から始まったフジテレビの橋蔵主演の「銭形平次」は59年4月の888回で幕を閉じ、18年の長寿番組を記録、放送回数では世界一としてギネス入りしている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

大川 橋蔵
オオカワ ハシゾウ


職業
俳優

本名
丹羽 富成(ニワ トミナリ)

生年月日
昭和4年 4月9日

出生地
東京市 柳橋(東京都 台東区)

学歴
日大三高卒

経歴
昭和9年市川男女丸として歌舞伎座で初舞台。19年その素質を認められ、6代目尾上菊五郎の妻丹羽千代の養子となり、2代目大川橋蔵を襲名。若手女形として頭角を現わす。30年東映に入社、「笛吹若武者」でデビュー。翌年「若様侍捕物手帖・地獄の皿屋敷」で若様役を好演、時代劇の二枚目として中村錦之助(のち萬屋錦之介)と並ぶ人気スターとなった。以後10年間で約110本の映画に出演し、当たり役はこの「若様侍」シリーズ(〜37年)と34年以降の「新吾十番勝負」シリーズの美剣士・葵新吾。他に「炎の城」「天草四郎時貞」「恋や恋なすな恋」「幕末残酷物語」「大喧嘩」など。異色時代劇にも出演した。その後映画の斜陽化でテレビ・舞台へ移った。41年5月から始まったフジテレビの橋蔵主演の「銭形平次」は59年4月の888回で幕を閉じ、18年の長寿番組を記録、放送回数では世界一としてギネス入りしている。この間、年に3回、明治座、歌舞伎座、大阪新歌舞伎座など舞台公演を行い、根強い人気を保っていた。

没年月日
昭和59年 12月7日 (1984年)

家族
養父=尾上 菊五郎(6代目),二男=丹羽 貞仁(俳優)

伝記
ものみな映画で終わる―花田清輝映画論集木久扇のチャンバラスターうんちく塾シネマの京都をたどるスタアの花咲く昭和時代〈2〉昭和30年〜40年編―近代映画社創立62周年記念出版 復刻・保存版時代劇伝説―チャンバラ映画の輝き大川橋蔵「映画ファン」スタアの時代 花田 清輝 著林家 木久扇 文・絵蔵田 敏明 著Kindai 特別編集岩本 憲児 編丹羽 真理子 編渡部 保子 著(発行元 清流出版小池書院淡交社近代映画社森話社ワイズ出版筑波書房 ’07’07’07’07’05’04’98発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

大川 橋蔵 (おおかわ はしぞう)

生年月日:1929年4月9日
昭和時代の俳優
1984年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android