コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大平[村] たいへい

1件 の用語解説(大平[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たいへい【大平[村]】

福岡県東部,築上郡の村。人口4389(1995)。東は山国川を境に大分県に接する。北部は中津平野中央にあたり,中部から南部にかけては雁股山,大平山など耶馬渓溶岩台地の北部にあたる山地が占める。主産業は農林業で,米,麦のほか木材,果樹,茶,タバコなどを産する。近年はシイタケ栽培も盛ん。唐原(とうばる)付近には穴ヶ葉山古墳(史)をはじめ250余の古墳群があり,北部の土佐井(つちさい)には友枝瓦窯跡(史)が残る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大平[村]の関連キーワード田川熱海豊前三沢行橋求菩提山しんよしとみ興玉浜の寿弥生菊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone