大店法改正と廃止の経緯

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大店法改正と廃止の経緯

74年施行の大規模小売店舗吠大店頬では、79年の改正で500平方メートル以上の店舗の出店が規制された。しかし94年の改正で1千平方メートル未満の出店が原則自由化。00年に大規模小売店舗立地吠大店立地頬が成立し、大店法は廃止。大店立地法は、原則1千平方メートル以上の出店の場合に都道府県への届け出を義務づけているが、都道府県は面積ではなく生活環境への影響を考慮して意見を述べる。

(2010-01-25 朝日新聞 朝刊 新潟全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android