大庭・大場(読み)おおにわ

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐にわ おほには【大庭・大場】

〘名〙
① 宮中の紫宸殿の前面の南庭。清涼殿の南庭を小庭というのに対する称。おおば。
※書紀(720)推古二〇年是歳(岩崎本室町時代訓)「須彌山の形及び呉橋(くれはし)を南庭(オホニハ)に構(つ)けと令(おほ)す」
② 広い庭。坪、内庭のように奥まった庭でないもの。特に、中門の中、主殿の建物の外の広い庭。
※平家(13C前)一二「昌俊を大庭にひっすゑたり」
③ 広い構えの、晴れの演能場。また、そこで演じられる能。
風姿花伝(1400‐02頃)一「大場(おほには)などの脇の申楽(さるがく)

おおば おほば【大庭・大場】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android