大庭 秀雄(読み)オオバ ヒデオ

20世紀日本人名事典の解説

大庭 秀雄
オオバ ヒデオ

昭和期の映画監督



生年
明治43(1910)年2月28日

没年
平成9(1997)年3月10日

出生地
東京市赤坂区青山(現・東京都港区)

学歴〔年〕
慶応義塾大学文学部国文科〔昭和9年〕卒

経歴
昭和9年松竹蒲田撮影所の大監督野村芳亭に紹介され、助手となる。佐々木康に師事、助監督のかたわら脚本も執筆。14年「良人の価値」で監督デビュー。以降、大船調メロドラマ、ホームドラマを撮る。戦後の25年「長崎の鐘」「帰郷」を発表、好評を博す。28〜29年松竹の大ヒット作「君の名は三部作を監督、一躍松竹のエースとなる。ほかに「絵島生島」「女舞」「春日和」などがある。のち、日本映画学校などで映画演出の講師を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android