コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大延坪島砲撃事件

1件 の用語解説(大延坪島砲撃事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大延坪島砲撃事件

北朝鮮が11月23日、南北朝鮮を隔てる海の軍事境界線と言われる北方限界線(NLL)を挟んで南十数キロにある韓国の大延坪島(テヨンピョンド)を砲撃。同海域で韓国軍が実施した演習への対抗措置とみられ、韓国側の発表によると、北朝鮮の砲撃は約170発に上り、韓国側も約80発の砲撃で応戦した。韓国側では民間人2人と兵士2人が死亡、島の家屋が多数炎上するなどの被害が出た。1953年の朝鮮戦争の休戦後、北朝鮮軍が韓国領土の陸地を直接砲撃したのも、両国の衝突で民間人に死者が出たのも初めて。

(2010-12-20 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大延坪島砲撃事件の関連キーワード北朝鮮「圧制の拠点」嘉慶康安古朝鮮至徳貞治北朝鮮のミサイル発射凍結北朝鮮の弾道ミサイルシリアの核開発疑惑

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone