コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大成[町] たいせい

百科事典マイペディアの解説

大成[町]【たいせい】

北海道久遠(くどお)郡の旧町。渡島(おしま)半島の西端にあたり,奥尻島に対する。久遠,貝取澗(かいとりま)など古くから開けた漁業集落を中心に,イカ,マスなどの漁獲を行うほか,アワビの中間育成等にも着手している。農業では,アスパラガス,メロン,イチゴなどを産する。2005年9月,瀬棚郡瀬棚町,北檜山町と合併し町制,久遠郡せたな町となる。国道229号線が通じる。133.90km2。2588人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいせい【大成[町]】

北海道渡島(おしま)半島最西端,日本海をへだてて奥尻島に対する檜山支庁久遠(くどお)郡の町。人口2919(1995)。急傾斜地が海岸にせまり,海岸沿いのわずかな平地に集落が点在する。19世紀初めごろから東北,北陸の漁民ニシンを追って北上し,定住するようになったといわれる。漁業中心の町であるが,漁業資源の涸渇から年々漁家数は減り,恒常的な出稼ぎが行われている。おもな漁獲物はイカ,スケトウダラであるが,近年は南部の貝取澗(かいとりま)に温泉熱を利用したアワビの種苗供給センターを設けるなど養殖漁業に転換しつつある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android