大成[町](読み)たいせい

百科事典マイペディアの解説

大成[町]【たいせい】

北海道久遠(くどお)郡の旧町。渡島(おしま)半島の西端にあたり,奥尻島に対する。久遠,貝取澗(かいとりま)など古くから開けた漁業集落を中心に,イカ,マスなどの漁獲を行うほか,アワビの中間育成等にも着手している。農業では,アスパラガス,メロン,イチゴなどを産する。2005年9月,瀬棚郡瀬棚町,北檜山町と合併し町制,久遠郡せたな町となる。国道229号線が通じる。133.90km2。2588人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいせい【大成[町]】

北海道渡島(おしま)半島最西端,日本海をへだてて奥尻島に対する檜山支庁久遠(くどお)郡の町。人口2919(1995)。急傾斜地が海岸にせまり,海岸沿いのわずかな平地に集落が点在する。19世紀初めごろから東北,北陸の漁民ニシンを追って北上し,定住するようになったといわれる。漁業中心の町であるが,漁業資源の涸渇から年々漁家数は減り,恒常的な出稼ぎが行われている。おもな漁獲物はイカ,スケトウダラであるが,近年は南部の貝取澗(かいとりま)に温泉熱を利用したアワビの種苗供給センターを設けるなど養殖漁業に転換しつつある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android