コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大日向村の分村移民

1件 の用語解説(大日向村の分村移民の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大日向村の分村移民

大日向村(現在の佐久穂町大日向)は37年から順滋村人口の約半数の216世帯764人を旧満州に送り出す「分村移民」を全国に先駆けて実施。「満州大日向村」は小説や映画、芝居に取り上げられる「モデル開拓団」となり、結果的に全国の農民らを旧満州へ向かわせる役割を担った。敗戦で状況は一変し、大日向開拓民は長春(新京)の収容所入りなど過酷な逃避行を強いられ、約半数の375人が死亡した。生き残った開拓民は46年9月、旧満州から帰国したが、貧しい母村に住宅も仕事もなかった。65世帯165人は47年4月までに浅間山南麓に入植し、カラマツの原生林を切り開いて新たな「大日向村」をつくった。

(2007-02-15 朝日新聞 朝刊 長野全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大日向村の分村移民の関連キーワード大日大日供大日堂大日本日向雨日向ぼこ日向ぼこり日向かひ日向灘地震大日向作太郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone