大日如来座像

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大日如来座像

廃寺となった足利市樺崎町の樺崎寺(法界寺)に鎮座していたとの古文書も地元に残るが、明治の初めごろ所在不明となり「幻の運慶作」と伝えられてきた。同市は現在、今回の舞台となった樺崎寺を含む国指定史跡の「足利学校」と市内の足利氏の遺産群の世界遺産入りを目指して登録申請している。

(2008-03-20 朝日新聞 朝刊 栃木全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android