コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大本教団

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大本教団

1892(明治25)年、開祖の出口なおに「艮(うしとら)の金神(こんじん)」が神がかりして始まった。世界の「立替え立直し」を唱える。教祖は、なおと女婿の出口王仁三郎の2人。さらに教主がおり、現在の出口紅は王仁三郎のひ孫。外部からは「大本教」と呼ばれるが、正式な教団名は「大本」。京都府の綾部市と亀岡市に聖地がある。信徒数は公称17万人。平和運動、エスペラント普及などに取り組む。1921年に王仁三郎が不敬罪に問われた第1次弾圧事件があり、35年の大規模検挙は第2次弾圧事件。

(2009-05-31 朝日新聞 朝刊 東特集X)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大本教団の関連キーワードセントルイス・カージナルスマッケリー内閣総理大臣ウィロビースターマーネフスキーカルクアルカリ岩カルクアルカリ花崗岩久米事件グロース

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大本教団の関連情報