コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大本教団

1件 の用語解説(大本教団の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大本教団

1892(明治25)年、開祖の出口なおに「艮(うしとら)の金神(こんじん)」が神がかりして始まった。世界の「立替え立直し」を唱える。教祖は、なおと女婿の出口王仁三郎の2人。さらに教主がおり、現在の出口紅は王仁三郎のひ孫。外部からは「大本教」と呼ばれるが、正式な教団名は「大本」。京都府の綾部市と亀岡市に聖地がある。信徒数は公称17万人。平和運動エスペラント普及などに取り組む。1921年に王仁三郎が不敬罪に問われた第1次弾圧事件があり、35年の大規模検挙は第2次弾圧事件。

(2009-05-31 朝日新聞 朝刊 東特集X)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

大本教団の関連キーワードカルクアルカリ岩カルクアルカリ花崗岩久米事件イタリア映画大林組(株)岸沢式佐保護鳥立憲改進党光の科学史神の下の国

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大本教団の関連情報