コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大村可全

1件 の用語解説(大村可全の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大村可全

歌人。通称彦太郎、号は道慈。近江に生れ、江戸に住し、後京都に隠棲する。北村季吟の門に学び、特に国学に秀でた。元禄2年(1689)歿、54才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大村可全の関連キーワード渡忠秋下村摂貞大村彦太郎(初代)大村彦太郎(10代)来原彦太郎静間彦太郎住田彦太郎寺田彦太郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone