コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大杯・大盃 おおさかずき

大辞林 第三版の解説

おおさかずき【大杯・大盃】

大形の杯。
歌舞伎「大杯觴酒戦強者おおさかずきしゆせんのつわもの」の通称。時代物の一。一幕二場。河竹黙阿弥もくあみ作。1881年(明治14)東京猿若座初演。武田の旧臣馬場三郎兵衛が井伊掃部守かもんのかみの酒の相手をしたことから、千五百石に取り立てられる。

たいはい【大杯・大盃】

大きなさかずき。大白。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

大杯・大盃の関連キーワード時代物大白

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android