コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大東海嶺 だいとうかいれい

1件 の用語解説(大東海嶺の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕大東海嶺(だいとうかいれい)


沖縄島の東方、南北の大東島を載せた海嶺。琉球(りゅうきゅう)海溝(南西(なんせい)諸島海溝)の北東端近くから東に約550km延びる。地殻構造や岩石から約4500万年以前は陸地であったとされる。北側には北大東海盆を隔てて奄美(あまみ)海台、南側には南大東海盆を挟んで沖(おき)大東海嶺がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大東海嶺の関連キーワード沖大東島沖縄島北大東島大東諸島南大東島嘉手納慶良間列島大東島佐敷[町]沖山権蔵

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone