コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大梶七兵衛(初代) おおかじ しちべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大梶七兵衛(初代) おおかじ-しちべえ

1621-1689 江戸時代前期の治水家。
元和(げんな)7年生まれ。出雲(いずも)荒木浜(島根県大社町)の砂丘に松をうえ,防風防砂林をつくる。延宝6年この地にうつりすみ,新田をひらく。貞享(じょうきょう)4年灌漑(かんがい)用の高瀬川を開削した。子,孫も事業をついだ。元禄(げんろく)2年5月25日死去。69歳。出雲出身。別姓に林。名は朝泰。屋号は梶。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大梶七兵衛(初代)の関連キーワード元和

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android