コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大森子陽 おおもり しよう

1件 の用語解説(大森子陽の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大森子陽

江戸中・後期の儒者。越後の人。北越四大儒の一人。良寛の師。諱は楽、号は狭川、時に姓を森、又は岑と称した。はじめ永安寺大舟和尚に、のち江戸に出て山口藩儒滝鶴台・細井平洲等多くの儒者に学ぶ。帰国して郷里西浦郡地蔵堂に学塾三峰館を開く。良寛はここで漢学の基礎を学んだ。のち羽前鶴岡にも学塾を開き、士族庶民を問わず子弟を教育し、有能な士を数多く輩出した。寛政3年(1791)歿、54才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大森子陽の関連キーワード北越雪譜大儒北越金内格三五井鶴城佐藤東斎菅新菴丹羽雲気松山清門司東里

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone