コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大樋長左衛門(2代) おおひ ちょうざえもん

1件 の用語解説(大樋長左衛門(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大樋長左衛門(2代) おおひ-ちょうざえもん

1661-1747 江戸時代前期-中期の陶工。
寛文元年生まれ。初代大樋長左衛門の長男。大樋焼2代。父の跡をつぎ,加賀金沢藩主前田吉徳(よしのり),宗辰(むねとき)につかえた。御用窯としておもに茶器を製作した。延享4年8月23日死去。87歳。加賀(石川県)出身。初名は長二。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大樋長左衛門(2代)の関連キーワード桂川甫筑竹田出雲(初代)桃園天皇桂川甫筑小名浜桂川甫筑光の科学史順治帝徳川綱重徳川頼房

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone