大橋 須磨子(読み)オオハシ スマコ

20世紀日本人名事典の解説

大橋 須磨子
オオハシ スマコ

明治期の芸者 尾崎紅葉の小説「金色夜叉」のお宮のモデル。



生年
明治14(1881)年4月20日

没年
昭和24(1949)年1月25日

出身地
埼玉県

経歴
東京の料亭紅葉館の人気芸妓で、尾崎紅葉金色夜叉」のお宮のモデルと言われる。明治30年17歳で実業家・大橋新太郎の後妻となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

大橋 須磨子
オオハシ スマコ


職業
芸者

別名
通称=お須磨(オスマ)

生年月日
明治14年 4月20日

出身地
埼玉県

経歴
東京の料亭紅葉館の人気芸妓で、尾崎紅葉「金色夜叉」のお宮のモデルと言われる。明治30年17歳で実業家・大橋新太郎の後妻となった。

没年月日
昭和24年 1月25日 (1949年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大橋 須磨子の関連情報