コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大橋 光吉 オオハシ コウキチ

1件 の用語解説(大橋 光吉の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

大橋 光吉
オオハシ コウキチ

明治〜昭和期の印刷事業家 共同印刷社長。



生年
明治8年8月26日(1875年)

没年
昭和21(1946)年7月3日

出生地
兵庫県城崎町

旧姓(旧名)
森垣

学歴〔年〕
豊岡高小〔明治23年〕卒

経歴
18歳で上京、明治27年博文館に入り、博進社印刷工場で勤務、31年総務部長。同年館主大橋佐平の三女幸子と結婚、大橋姓となる。39年絵はがき製造販売の石版印刷・精美堂を設立。大正14年博文館印刷所を合併して共同印刷を設立し社長となった。同年欧米を訪問、印刷技術の改良に努め、また印刷所徒弟学校精美堂印刷学校に改革、技術者を養成した。東京印刷同業組合長を務め、昭和6年日本書籍社長となった。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone