コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大橋 光吉 オオハシ コウキチ

20世紀日本人名事典の解説

大橋 光吉
オオハシ コウキチ

明治〜昭和期の印刷事業家 共同印刷社長。



生年
明治8年8月26日(1875年)

没年
昭和21(1946)年7月3日

出生地
兵庫県城崎町

旧姓(旧名)
森垣

学歴〔年〕
豊岡高小〔明治23年〕卒

経歴
18歳で上京、明治27年博文館に入り、博進社印刷工場で勤務、31年総務部長。同年館主大橋佐平の三女幸子と結婚、大橋姓となる。39年絵はがき製造販売の石版印刷・精美堂を設立。大正14年博文館印刷所を合併して共同印刷を設立し社長となった。同年欧米を訪問、印刷技術の改良に努め、また印刷所徒弟学校を精美堂印刷学校に改革、技術者を養成した。東京印刷同業組合長を務め、昭和6年日本書籍社長となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

大橋 光吉 (おおはし こうきち)

生年月日:1875年8月26日
明治時代-昭和時代の印刷事業家。共同印刷社主
1946年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

大橋 光吉の関連キーワード世帯(せたい)笈田 敏夫家族社会学本家・分家大橋新太郎昭和時代直系家族大家族家族

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android