コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大正噴火

1件 の用語解説(大正噴火の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大正噴火

1914年1月12日午前10時ごろに始まり、噴煙は上空10キロ以上に達した。約8時間後にはマグニチュード7・1の地震が鹿児島市などを襲った。桜島の西側では大火砕流が発生。東側では大量の溶岩が流出し、大隅半島陸続きになった。数十センチから2メートルの地盤沈下も起きた。噴火と地震による死者・行方不明者は58人。この規模の大噴火は1779年の安永噴火以来135年ぶりだった。

(2014-01-05 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大正噴火の関連キーワード限りの太鼓六つ五五八八東北空襲飯塚2女児殺害事件福岡県の女性3人連続殺害事件大正大噴火桜島の大正噴火

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大正噴火の関連情報