コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大歩危-小歩危 おおぼけこぼけ

日本の地名がわかる事典の解説

〔徳島県〕大歩危-小歩危(おおぼけこぼけ)


徳島県西部、吉野(よしの)川中流部が四国山地を横断して横谷(おうこく)を形成する峡谷。大歩危は吉野川と支流藤川谷(ふじかわだに)川の合流点から堂床(どうとこ)谷までの約2km、小歩危はその下流1.5kmの地点から白川口(しらかわぐち)までの約1kmをいう。奇岩や深淵(しんえん)、断崖(だんがい)などの渓谷美とサクラ・紅葉見物が楽しめる。JR土讃(どさん)線大歩危駅近くからの観光川下りが有名。大歩危から祖谷(いや)渓・蔓(かずら)橋へ道路が通じる。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大歩危-小歩危の関連情報