大毛蓼・葒草(読み)おおけたで

大辞林 第三版の解説

おおけたで【大毛蓼・葒草】

タデ科の一年草。アジア大陸原産。茎は高さ約1.5メートル。葉は大形の尖卵形。花穂は、秋、枝頂に出て下垂し、淡紅色の小花を密につける。葉がヘビの毒を消すといわれ、ハブテコブラの異名がある。オオタデ。イヌタデ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐けたで おほ‥【大毛蓼・葒草】

〘名〙 タデ科一年草。アジア原産で、江戸時代に輸入され、普通観賞用として栽培される。高さ一~二メートルになり、全体に紅色の毛を密生する。卵形または卵状心臓形で、長さ二〇センチメートル、幅一五センチメートルにもなる大形の葉をつける。秋、淡紅色の小さな花が密に集まって細長い穂状となって咲く。花時の茎、葉、花穂を陰干しして煎じたものは、疝気(せんき)、解熱などに、葉の汁は、虫さされ、かぶれの解毒作用に効能がある。おおたで。はぶてこぶら。いぬたで。《季・秋》 〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android