コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大毛蓼・葒草 おおけたで

大辞林 第三版の解説

おおけたで【大毛蓼・葒草】

タデ科の一年草。アジア大陸原産。茎は高さ約1.5メートル。葉は大形の尖卵形。花穂は、秋、枝頂に出て下垂し、淡紅色の小花を密につける。葉がヘビの毒を消すといわれ、ハブテコブラの異名がある。オオタデ。イヌタデ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大毛蓼・葒草の関連キーワードハブテコブライヌタデ一年草タデ科ヘビ小花異名花穂

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android