コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大気都比売神・大宜都比売神 おおげつひめのかみ

1件 の用語解説(大気都比売神・大宜都比売神の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

おおげつひめのかみ【大気都比売神・大宜都比売神】

古事記神話で、食物をつかさどる女神。伊弉諾尊いざなきのみことの子。素戔嗚尊すさのおのみことが高天原から追放される際、鼻・口・尻から食物を出して八百万神やおよろずのかみに奉ったが素戔嗚尊に殺され、その死体から五穀が生じたという。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone