コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大沢基重

1件 の用語解説(大沢基重の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大沢基重

江戸前期の旗本。基宿の子。父以後代々高家をつとめる。慶長15年従五位下侍従兼右京亮に叙せられ、徳川秀忠に近侍して、のち遠江国に采地を賜う。徳川家光・家綱の上洛の際伺候し、朝廷との連絡役をつとめた。正保2年(1645)従四位下に至る。慶安3年(1650)歿、49才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大沢基重の関連キーワード仙石久邦宮崎重政八木守直池田長賢表高家長上下千宗守(2代)古市了和最上義智

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone