コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大沢基重

美術人名辞典の解説

大沢基重

江戸前期の旗本。基宿の子。父以後代々高家をつとめる。慶長15年従五位下侍従兼右京亮に叙せられ、徳川秀忠に近侍して、のち遠江国に采地を賜う。徳川家光家綱上洛の際伺候し、朝廷との連絡役をつとめた。正保2年(1645)従四位下に至る。慶安3年(1650)歿、49才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android