コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大沢惟貞

1件 の用語解説(大沢惟貞の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大沢惟貞

江戸後期の漢学者。岡山藩儒官。貞雄の長子。通称は市太夫。父のあとを継ぎ待講兼国学の教授となる。詩文を能くし、『吉備温故』百余巻を編述した。文化元年(1804)歿、65才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大沢惟貞の関連キーワード秦鼎河上忠晶竹川政辰横谷友信山本梅屋石黒貞雄佐々木雪峰高橋篤東方芝山北条角麿

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone