コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大沢野[町] おおさわの

百科事典マイペディアの解説

大沢野[町]【おおさわの】

富山県中部,上新川(かみにいかわ)郡の旧町。神通(じんづう)川右岸の扇状地河谷の段丘地域を占める。中心市街の笹津は近世の飛騨街道宿駅として発達。高山本線が通じる。米麦イチジク,木材を産し,紡織,機械,電子部品などの工業を行う。2005年4月上新川郡大山町,婦負郡八尾町,婦中町,山田村,細入村と富山市へ編入。74.66km2。2万2875人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおさわの【大沢野[町]】

富山県中南部,上新川郡の町。人口2万1816(1995)。神通川飛驒山脈から富山平野に流れ出る谷口に位置する。北部は段丘化した扇状地が占め,南部は神通川東岸の飛驒山脈北縁にあたる山地が占める。中心地の笹津は谷口集落で,飛驒街道の宿場町として発達,南北7kmに及ぶ街村がみられる。江戸時代中期に神通川から取水する用水路の開削が始まり,後期に新田開発が進んだが,扇状地一帯が水田化したのは昭和初期である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大沢野[町]の関連キーワード富山市

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android