コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大河内[町] おおかわち

百科事典マイペディアの解説

大河内[町]【おおかわち】

兵庫県中央部,市川上流域を占める神崎(かんざき)郡の旧町。中心は播但(ばんたん)線が通じる寺前大部分山林でスギ,ヒノキを産し,製材も行う。市川の支流大見川ではマス養殖,ワサビ栽培が行われる。北部の峰山高原にはスキー場やキャンプ場がある。2005年11月,神崎郡神崎町と合併し町制,神崎郡神河町となる。97.17km2。5351人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおかわち【大河内[町]】

兵庫県中央部,神崎郡の町。人口5397(1995)。市川の上流域にあり,山林が町域の大部分を占める。河川沿いの狭い低地に水田と集落が分布するほかは,標高1000m前後の山々に囲まれている。美林が多く,林業が盛んであるが,林業従事者の高齢化,若年労働力の流出などの問題も生じている。JR播但線が市川沿いに走り,神戸,姫路方面への通勤者が増えている。西部の上小田では線香の生産が行われている。北西部の峰山高原は,第2次世界大戦前は陸軍の用地であったが,現在はスキー場やキャンプ場として観光開発が進められている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android