大河内 伝次郎(読み)オオコウチ デンジロウ

20世紀日本人名事典の解説

大河内 伝次郎
オオコウチ デンジロウ

大正・昭和期の俳優



生年
明治31(1898)年2月5日

没年
昭和37(1962)年7月18日

出生地
福岡県上毛郡大河内村(現・豊前市大河内)

本名
大辺 男(オオベ マスオ)

別名
筆名=西方 弥,別名=正親町 勇,室町 次郎

学歴〔年〕
大阪商業学校〔大正7年〕卒

経歴
大正7年から会社勤めの後、倉橋仙太郎の主宰する文化村新民衆劇学校に入り、第二新国劇の舞台で活躍したが、14年衣笠貞之助の「弥陀ケ原の殺陣」で映画俳優となる。15年日活大将軍撮影所に入社。伊藤大輔監督の「長恨」に大河内伝二郎の名で主演。宣伝部が伝次郎と誤り書いて、そのまま伝次郎を通す。昭和2年伊藤の「忠次旅日記」3部作に主演しスターの座を獲得。3年に「新版大岡政談」次いで「血煙高田馬場」に出演。同年敬愛する沢田正二郎の急死で一時、新国劇の舞台に立ったが、7年トーキー映画「上海」で現代劇に進出。8年伊藤の「丹下左膳・第一篇」で「シェイは丹下、名はシャゼン」という独特の台詞がファンをわかせた。12年東宝に移り「武道千一夜」、17年「ハワイ・マレー沖海戦」、18年「姿三四郎」、戦後「わが青春に悔なし」「小原庄助さん」などの作品がある。また嵐寛寿郎との共演「盤嶽江戸へ行く」、阪妻と共演の「紫頭巾」なども代表作となっている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

大河内 伝次郎
オオコウチ デンジロウ


職業
俳優

本名
大辺 男(オオベ マスオ)

別名
筆名=西方 弥陀六,別名=正親町 勇,室町 次郎

生年月日
明治31年 2月5日

出生地
福岡県 上毛郡大河内村(豊前市大河内)

学歴
大阪商業学校〔大正7年〕卒

経歴
大正7年から会社勤めの後、倉橋仙太郎の主宰する文化村新民衆劇学校に入り、第二新国劇の舞台で活躍したが、14年衣笠貞之助の「弥陀ケ原の殺陣」で映画俳優となる。15年日活大将軍撮影所に入社。伊藤大輔監督の「長恨」に大河内伝二郎の名で主演。宣伝部が伝次郎と誤り書いて、そのまま伝次郎を通す。昭和2年伊藤監督とのコンビで「忠次旅日記」3部作に主演しスターの座を獲得。ついで3年に「血煙高田の馬場」「新版大岡政談」(3部作)などに主演し、悲愴感ただよう演技とスピード感あふれる殺陣で人気を不動のものとする。4年敬愛する沢田正二郎の急死で一時、新国劇の舞台に立ったが、7年トーキー映画「上海」で現代劇に進出。8年伊藤の「丹下左膳・第一篇」で「シェイは丹下、名はシャゼン」という独特の台詞がファンをわかせ、ニヒルな主人公・左膳を生涯の当たり役とした。12年JOスタヂオ(のちの東宝)に移り、「閣下」(15年)、「ハワイ・マレー沖海戦」(17年)、「姿三四郎」(18年)などの名作に好演。戦後は新東宝、大映、東映と転じ、主役・脇役を自在にこなし、渋い演技をみせた。戦後の代表作に「わが青春に悔なし」(21年)、「生きている画像」(23年)、「盤獄江戸へ行く」「紫頭巾」「小原庄助さん」(24年)、「虎の尾を踏む男達」(製作20年 公開25年)「われ幻の魚を見たり」(25年)などがある。生涯をかけて築いた嵐山の山荘は、のちに京都洛西の新名所となった。

没年月日
昭和37年 7月18日 (1962年)

伝記
活動屋伝説木久扇のチャンバラスターうんちく塾近代映画スタアの花咲く昭和時代 昭和20年〜30年編―近代映画社創立62周年記念出版 復刻・保存版資料が語る丹下左膳の映画史―大河内伝次郎から豊川悦司までキクゾーのチャンバラ大全チャンバラ黄金時代 時代劇スター七剣聖―石割平コレクション大映チャンバラ黄金時代 十一人の剣豪―石割平コレクション殺陣―チャンバラ映画史大河内伝次郎―人と作品 その魅力のすべて東宝行進曲―私の撮影所宣伝部50年 野村 盛秋 著林家 木久扇 文・絵Kindai特別編集 編田中 照禾 著林家 木久蔵 著石割 平 編・著,円尾 敏郎 編石割 平 編・著,円尾 敏郎 編永田 哲朗 著梶田 章 著斉藤 忠夫 著(発行元 文芸社小池書院近代映画社川喜多コーポレーション,展望社〔発売〕ワイズ出版ワイズ出版ワイズ出版社会思想社朝日ソノラマ平凡社 ’08’07’06’04’01’01’00’93’92’87発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

大河内 伝次郎 (おおこうち でんじろう)

生年月日:1898年2月5日
大正時代;昭和時代の俳優
1962年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大河内 伝次郎の関連情報