コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大河津分水路 おおこうづぶんすいろ

大辞林 第三版の解説

おおこうづぶんすいろ【大河津分水路】

新潟県中部、信濃川下流部の燕市大河津から日本海側の長岡市寺泊までの分水路。長さ約10キロメートル。越後平野を水害から救うため1927年(昭和2)完成。新信濃川・信濃川分水路ともいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大河津分水路の関連キーワード信濃川大河津資料館燕大花火大会寺泊〈町〉越後平野新信濃川信濃川放水路分水寺泊

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android