大津(読み)おおつ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大津(茨城県)
おおつ

茨城県北茨城市北東部の地区。旧大津町。JR常磐(じょうばん)線大津港駅があり、国道6号が通じる。丘陵性の山地に囲まれ、里根(さとね)川河口に良港大津港がある。近世以来漁業で栄え、カツオ、アワビが主であったが、大正期はイワシ、昭和期はサンマ、サバや水産加工業も盛んとなった。お船祭(県指定無形民俗文化財)と盆船流しは最大の行事。五浦(いづら)は岡倉天心の遺跡がある景勝地。[櫻井明俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大津の関連情報