コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大浦湾 おおうらわん

1件 の用語解説(大浦湾の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕大浦湾(おおうらわん)


沖縄島東岸の湾。安部(あぶ)崎と辺野古(へのこ)崎の間に湾入する。沖合0.5~2km付近まで中干瀬(なかびし)とよばれる大珊瑚礁(さんごしょう)が発達。西岸にアメリカ軍辺野古弾薬庫があり、湾内全域がキャンプ-シュワブの訓練水域に含まれる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大浦湾の関連キーワードコザモアブ人辺野古移設安乗崎糸満河津杭州湾沖縄県の暫定ヘリポート案在日米軍再編普天間移設問題

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大浦湾の関連情報