コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大滝鍾乳洞 おおたきしょうにゅうどう

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県〕大滝鍾乳洞(おおたきしょうにゅうどう)


岐阜県郡上(ぐじょう)市八幡(はちまん)町、安久田(あくた)川上流域にある鍾乳洞。高度約100mの間に8層にわたって形成された。全長約1km。西方800mに縄文(じょうもん)洞がある。「天の怒り」「雷神の雄たけび」などと名づけられた鍾乳石群がある。最奥部に落差30mの滝が流下する。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

大滝鍾乳洞の関連キーワード岐阜県郡上市八幡町安久田八幡(岐阜県)岐阜県郡上市八幡町鍾乳洞郡上八幡鍾乳洞

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android