コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大滝鍾乳洞 おおたきしょうにゅうどう

1件 の用語解説(大滝鍾乳洞の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県〕大滝鍾乳洞(おおたきしょうにゅうどう)


岐阜県郡上(ぐじょう)市八幡(はちまん)町、安久田(あくた)川上流域にある鍾乳洞。高度約100mの間に8層にわたって形成された。全長約1km。西方800mに縄文(じょうもん)洞がある。「天の怒り」「雷神の雄たけび」などと名づけられた鍾乳石群がある。最奥部に落差30mの滝が流下する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大滝鍾乳洞の関連キーワード八幡藩郡上踊郡上八幡神八幡郡上正八幡諏訪八幡八幡太郎郡上節祭りの果て、郡上八幡

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大滝鍾乳洞の関連情報