コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大熊[町] おおくま

百科事典マイペディアの解説

大熊[町]【おおくま】

福島県東部,浜通り中央部の双葉(ふたば)郡の町。中心の熊町は陸前浜街道の旧宿駅で常磐線に沿う。米作畜産を行うほか,果樹,野菜,シイタケ栽培を行う。夫沢(おっとざわ)には東京電力福島第一原子力発電所がある(2011年3月の放射性物質漏えい事故により,発電機能停止中)。東日本大震災で,町内において被害が発生。78.71km2。1万1515人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおくま【大熊[町]】

福島県東部,双葉郡の町。人口1万0656(1995)。浜通り中部に位置し,西部は阿武隈高地の丘陵地,東部は台地からなる。太平洋に面し,中央を東流する熊川の河口を除いて海岸には海食崖がみられる。中心の大野には常磐線大野駅がある。台地上には溜池が発達し,米,葉タバコ,梨などの栽培や畜産が盛ん。1967年に北部の夫沢地区と双葉町にまたがる海岸に東京電力福島第一原子力発電所の建設が着工され,71年から操業を開始,79年には6号炉が完成した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android