コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大相撲春場所

1件 の用語解説(大相撲春場所の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大相撲春場所

1953年から年4場所(初、春、夏、秋)が始まり、春に大阪で行うことが定着した。この年からテレビ中継も始まった。上位陣が崩れることも多く、「荒れる春場所」の異名も。57年に九州、58年に名古屋が加わり、現在の年6場所制となる。春場所は毎年大阪府立体育会館(大阪市浪速区)で開催されているが、86年のみ、工事のため旧大阪市中央体育館に会場を移した。過去の記録をひもとくと、60年に栃錦と若乃花が史上初めての全勝横綱同士の千秋楽対決を実現し、若乃花が優升75年、小兵の人気力士大関貴ノ花が横綱北の湖を優勝決定戦で下し、初優勝を飾った。貴ノ花が兄の若乃花とともに史上初の兄弟優勝を果たした瞬間でもあった。90年には、横綱千代の富士が、前人未到だった通算1千勝を達成するなど、多くの名勝負や新記録に恵まれた。

(2011-02-07 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大相撲春場所の関連キーワード年6場所制春霖夏場所年がら年中本場所四つの時倉敷地馬鈴薯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大相撲春場所の関連情報