大福茶・大服茶(読み)おおぶくちゃ

精選版 日本国語大辞典の解説

おおぶく‐ちゃ おほぶく‥【大福茶・大服茶】

〘名〙 元旦に若水で点(た)てた茶。茶に、梅干、山椒、昆布、黒豆などを入れて飲むもので、一年中の悪気を払い、縁起を祝う。村上天皇が疫病に悩まされたとき、茶をのんで平癒された故事から「王服茶」とも表記する。おおぶく。《季・新年》
※談義本・銭湯新話(1754)一「男共も面々に新しい布子着て、〈略〉大福茶(ブクチャ)の給仕ふつつかなるも笑の種」

だいふく‐ちゃ【大福茶・大服茶】

※風俗画報‐一五六号(1898)人事門「今も必ず行ふ此の大福茶(ダイフクチャ)を飲み」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android