コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大空 オオゾラ

デジタル大辞泉の解説

おお‐ぞら〔おほ‐〕【大空】

[名]広々とした空。
[形動ナリ]
いいかげんで頼りないさま。
「か様に―なる事を忘れず心にかくる事は」〈発心集
「徒(あだ)なる心をうらみかこてども、―にのみ聞きなして」〈読・雨月吉備津の釜〉
ぼんやりとしているさま。
「秋の夜に、夢見る心地して―なるけしきにておはしけるが」〈伽・物くさ太郎

たい‐くう【大空】

おおぞら。
《「だいくう」とも》仏語。まったく何もないこと。人も物も実体がなく十方世界が空であること。
[補説]書名別項。→大空

おおぞら[人工衛星]

昭和59年(1984)2月に打ち上げられた科学衛星EXOS-C(エクソスシー)の愛称。宇宙科学研究所(現JAXA(ジャクサ))が開発。1982年から1985年にかけて実施された中層大気に関する国際観測計画(MAP)への参加に伴い、高度10~100キロメートル程度の中層大気の構造と組成の解明、磁気圏の観測を行った。ロケットとの分離直後に接触事故が生じ、バッテリー容量が5分の1に低下する障害に見舞われたが、その後約4年間にわたって慎重に観測が続けられた。昭和63年(1988)に運用終了。

たいくう【大空】[書名]

尾崎放哉の句文集。大正15年(1926)、放哉の没後、荻原井泉水(せいせんすい)が編纂(へんさん)して刊行。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

たいくう【大空】

福岡の日本酒。蔵元の「鐘ヶ江酒造」は昭和13年(1938)創業。所在地久留米市安武町安武本。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

大辞林 第三版の解説

おおぞら【大空】

( 名 )
広々とした大きな空。 「 -をかける」
( 形動ナリ )
茫然としているさま。 「秋の夜に夢見る心地して、-なるけしきにて/御伽草子・物臭太郎」
なおざりなさま。 「か様に-なる事を忘れず心にかくる事は最と有難かるべし/発心 6

たいくう【大空】

おおぞら。天空。大虚。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大空の関連情報