コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大職冠・大織冠 たいしょかん

大辞林 第三版の解説

たいしょかん【大職冠・大織冠】

藤原鎌足と蘇我入鹿いるかを主人公に、海人あまが海中の宝の玉をとったという玉取り伝説をからませた幸若舞・古浄瑠璃、また近松門左衛門作の浄瑠璃の題名。たいしょっかん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大職冠・大織冠の関連キーワード藤原鎌足蘇我入鹿古浄瑠璃幸若舞海中

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android