コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大荒木の森 おおあらきのもり

大辞林 第三版の解説

おおあらきのもり【大荒木の森】

京都市伏見区淀本町、与杼よど神社付近の森という。⦅歌枕⦆ 「 -の下草老いぬれば駒もすさめず刈る人もなし/古今 雑上」 〔もと、大殯おおあらきを営む浮田うきたの森をいったが、平安以降、場所不詳のまま山城国の歌枕とされた〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

大荒木の森の関連キーワード浮田の森老いる荒む歌枕

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android