コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大菩薩峠(文学) だいぼさつとうげ

1件 の用語解説(大菩薩峠(文学)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大菩薩峠(文学)【だいぼさつとうげ】

中里介山長編小説。1913年から《都新聞》その他に断続的に連載。41巻にのぼる長編の小説で未完。虚無的な浪人剣客机竜之助主人公とする。作者自ら〈大乗小説〉と呼び,仏教思想に基づいて人間の業相を描こうとしたもので,以後の大衆文学に大きく影響した。
→関連項目白井喬二新国劇大衆文学三隅研次

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大菩薩峠(文学)の関連キーワードデトリングバルカン戦争光の科学史徳川文庫ウィルソン朝永三十郎阿部守太郎市川久女八(初代)江頭安太郎柏木幸助

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone