コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大菩薩峠(文学) だいぼさつとうげ

1件 の用語解説(大菩薩峠(文学)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大菩薩峠(文学)【だいぼさつとうげ】

中里介山長編小説。1913年から《都新聞》その他に断続的に連載。41巻にのぼる長編の小説で未完。虚無的な浪人剣客机竜之助主人公とする。作者自ら〈大乗小説〉と呼び,仏教思想に基づいて人間の業相を描こうとしたもので,以後の大衆文学に大きく影響した。
→関連項目白井喬二新国劇大衆文学三隅研次

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大菩薩峠(文学)の関連キーワード中里介山大菩薩峠短編小説掌編小説中編小説長編小説ベラミ長編笹本寅机竜之助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone