コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大血管転位(症) だいけっかんてんいしょうTransposition of Great Arteries(TGA)

家庭医学館の解説

だいけっかんてんいしょう【大血管転位(症) Transposition of Great Arteries(TGA)】

[どんな病気か]
 大動脈右心室(うしんしつ)、肺動脈左心室(さしんしつ)から出ている(起始(きし))状態で(図「大血管転位」)、必ず心房中隔欠損をともないます。肺血流量減少群の症状のチアノーゼがあり、しかも多呼吸や努力呼吸などの肺血流量増加群の症状も現われます。
[治療]
 新生児期に、大動脈を左心室に、肺動脈を右心室につけ替える大血管転換術(ジャテニィ手術)を行ないます。
 出生直後、非常にチアノーゼが強いときには、カテーテルを使って心房中隔の孔(あな)を大きくし、大動脈へ行く血液量を増やしてチアノーゼを軽くするBAS(バルーン・アトリオセプトストミー)という治療法もありますが、大血管転換術が生後、早期に実施できるようになったので、BASの頻度は減っています。肺動脈狭窄、心室中隔欠損が合併している場合には、外導管手術と呼ばれる方法が用いられます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

大血管転位(症)の関連キーワードブラロック=ハンロン手術修正大血管転位(症)トーシク=ビング奇形修正大血管転位症肺動脈絞扼術ラシュキン法先天性心疾患ラステリ手術心臓奇形心臓病TGA

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android