大西浄元(1)(読み)おおにし じょうげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大西浄元(1) おおにし-じょうげん

1689-1762 江戸時代中期の釜師。
元禄(げんろく)2年生まれ。大西浄頓の子。京都大西家6代。9代浄元と区別して古浄元とよばれる。7代千宗左の好みに応じ,鶴首(つるくび)釜20口や,雷声釜をつくった。のち西村家にかわって千家出入りの釜師となった。宝暦12年9月14日死去。74歳。本姓は細野。名は重義。通称は清右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android