コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷友右衛門(初代) おおたに ともえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷友右衛門(初代) おおたに-ともえもん

1744-1781 江戸時代中期の歌舞伎役者。
延享元年生まれ。大谷広八の門にはいり,大坂浜芝居の出羽(でわ)座,亀谷座で修業する。明和2年京都で「二代鑑」の鬼ケ岳を演じて好評をえる。のち江戸にいき,市村座実悪の上手として活躍した。天明元年8月16日死去。38歳。初名は竹田友三郎。前名は大谷友三郎。俳名は此友。屋号は山科屋。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大谷友右衛門(初代)の関連キーワード歌舞伎役者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android