コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷広次(五世) おおたに ひろじ

1件 の用語解説(大谷広次(五世)の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大谷広次(五世)

幕末・明治の歌舞伎役者。江戸生。四世友右衛門の次男。初名は大谷友松、屋号は明石屋。安政2年五世友右衛門となり、俳名を紫道という。明治3年広次を嗣ぎ俳名を十町と改める。明治6年(1873)歿、41才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大谷広次(五世)の関連キーワード市川団蔵(七代目)歌舞伎子歌舞伎者歌舞伎役者大谷友右衛門(5代)段助中村勘之丞山村友右衛門(初代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone