コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷広次(五世) おおたに ひろじ

美術人名辞典の解説

大谷広次(五世)

幕末・明治の歌舞伎役者。江戸生。四世友右衛門の次男。初名は大谷友松、屋号は明石屋。安政2年五世友右衛門となり、俳名を紫道という。明治3年広次を嗣ぎ俳名を十町と改める。明治6年(1873)歿、41才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

大谷広次(五世)の関連キーワード中村仲蔵(江戸系・2代)大谷広右衛門(3代)大谷友右衛門(5代)大谷広次(大谷広治)坂東彦三郎(初代)中村助五郎(初代)中村伝九郎(4代)津打門三郎(初代)中村仲蔵(2代)大谷広次(3代)大谷徳次(初代)大谷広次(4代)大谷広次(2代)古今役者論語魁隅田春妓女容性坂東彦三郎藤本斗文金井三笑鳥居清重駿河屋

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android