大谷広次(五世)(読み)おおたに ひろじ

美術人名辞典の解説

大谷広次(五世)

幕末・明治の歌舞伎役者。江戸生。四世友右衛門の次男。初名は大谷友松、屋号は明石屋。安政2年五世友右衛門となり、俳名を紫道という。明治3年広次を嗣ぎ俳名を十町と改める。明治6年(1873)歿、41才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android