コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷 光暢 オオタニ コウチョウ

20世紀日本人名事典の解説

大谷 光暢
オオタニ コウチョウ

大正〜平成期の僧侶 真宗大谷派(東本願寺)第24世門首。



生年
明治36(1903)年10月1日

没年
平成5(1993)年4月13日

出生地
京都府京都市

別名
法号=闡如,雅号=愚郊

学歴〔年〕
大谷大学文学部〔昭和14年〕中退

経歴
真宗大谷派第23世法主・大谷光演の長男。13歳で得度。大正13年久邇宮邦彦の三女智子(香淳皇后の妹)と結婚。15年第24世法主に就き(管長兼任)、伯爵を襲爵。のち宗教布教のため欧米、ブラジルを視察。真宗大谷派では大谷家が法主・管長・本山住職を“三位一体”で世襲してきたが、昭和44年宗派内局から反対論が起き内紛となる(お東紛争)。56年三位を廃止し、象徴門首制度を採用することになり、同年第24世門首に就任。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

大谷 光暢の関連キーワード久邇 俔子大谷 智子大谷 光紹訓覇 信雄山口 光円大谷光紹大谷智子東本願寺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大谷 光暢の関連情報